--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1970-01-01(Thu)

ビタミンC

ビタミンと聞いてもっともポピュラーなものは、やはりビタミンCかもしれません。

目的を持って飲むサプリメントやドリンク、あるいはのどが渇いて何か飲もうとたまたま買った飲料にもビタミンCが配合されていたりします。

ビタミンCと言うと、一番に思いつく効果は「美白・美肌」でしょうか。

美白サプリメントとして毎日欠かさず飲んでいる女性もいることと思います。


ビタミンCはコラーゲンの生成になくてはならないビタミンで、これが欠乏すると、細胞の壁がもろくなって血管や筋肉などで出血が起きます。

それがかつて壊血病として人々に恐れられていた病気の原因なのです。

もう一つ、ビタミンCの働きとして挙げておくべきことは、免疫力の強化です。

風邪など、ウィルス性の病気を予防する力があります。

みかんを食べて風邪予防、と昔から言われているのも、ビタミンCの働きに期待してのことだと思います。


ビタミンCは果物や野菜など、豊富に含まれる食材はいろいろあるのですが、弱点も多いビタミンなのです。

まず熱に弱いこと。

加熱調理をすることで、簡単に分解してしまいます。

次に水に弱いこと。

野菜や果物を水洗いすることで、どんどんビタミンCが流れ出てしまいます。

そして空気にも弱いこと。

空気に触れることで酸素をどんどん取り込み、分解されてしまいます。

これらの弱点を踏まえると、やはり生で食べられる果物は調理段階でのビタミンC損失が少ないため、おすすめです。

また、じゃが芋やカリフラワーのビタミンCは加熱による損失が少ないため、調理後でもビタミンCを摂ることができます。


ビタミンCは摂り溜めができないのも残念なところです。

からだに取り込んでから3時間ほどで排出されてしまいます。

特にたばこを吸う人やストレスを感じたときなどでは大量に消費されてしまいます。


サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。