--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1970-01-01(Thu)

葉酸

葉酸は、健康食品に含まれるようになったりサプリメントとして販売されたり、と認知度の高い栄養素となっています。

特に、妊婦さんには欠かせない栄養素として、妊娠を望む人は積極的に摂りましょうと進められています。


ではこの葉酸、一体どんな働きをしているのでしょうか。

からだの中でDNAやアミノ酸が合成される際に、葉酸は欠かせない栄養素として知られ、葉酸が不足すると正常な合成が行なわれなくなっていろいろな障害が起きやすくなると言われています。

特に胎児の時期は細胞分裂や細胞の増殖がもっとも活発に行なわれるため、この時期に葉酸が不足すると中枢神経に障害が起こる危険性が高くなるようです。

障害の中で代表的なものが無脳症や二分脊椎などの神経管閉鎖障害で、脳や脊椎の形成不完全によりからだのあちこちに障害を起こしてしまいます。

これらの原因がすべて葉酸不足にあるというわけではありませんが、妊娠初期に葉酸が不足するとこれらの障害が起こりやすくなってしまうことがわかっています。


葉酸は、ほうれん草やブロッコリーなど濃い緑色の野菜や果物、豆類に多く含まれていますが、妊娠中に必要な量の葉酸を毎日これらから摂取するのは難しいかもしれません。

そんなときにはサプリメントを利用するのもよいでしょう。

食事から必要な栄養素を摂れればそれに越したことはありませんが、無理をして挫折しては意味がありません。


また葉酸には動脈硬化の危険性を減らす働きもあることがわかってきました。

妊婦や若い女性だけでなく、中高年の人にとっても葉酸は大切な栄養素であると言えるでしょう。


サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。