--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1970-01-01(Thu)

グルコサミン

年配の方が階段を軽やかに上り下りする場面、そして「毎日、これを飲んでいますよ」とグルコサミンのサプリメントを見せるコマーシャルがありますが、皆さんご存知ですか?
そんな宣伝効果もあってか、膝などの関節の痛みをやわらげる成分としてグルコサミンはよく知られています。


実はグルコサミンは私たちのからだの中でも作られる成分で、グルコースとグルタミンを原料としています。

しかし、年齢を重ねるにつれて体内で作られるグルコサミンの量は減ってきてしまいます。

長年、頑張ってからだを支えてきてくれた自分の膝、もう少し頑張ってね、の気持ちをこめてサプリメントを利用するのもよい方法だと思います。


グルコサミンは口から摂取されると、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどの原料となります。

グルコサミン自身も軟骨を構成する大切な成分であり、軟骨のクッション性を保つためには欠かせない存在となっています。

膝に痛みがある人がグルコサミンを飲み始めると、続けるうちに痛みがらくになってきた、という話を聞きます。

口から摂取したグルコサミンは比較的速く吸収され、作用を実感できる人も多いようです。


ただし、甲殻類アレルギーのある人は、グルコサミンのサプリメントを購入する前に、成分表示をよく確認してください。

というのは、工業的にグルコサミンを作る場合、カニなどの甲殻類から得たキチンを原料としていることが多いためです。

キチンに酸を加えると加水分解してグルコサミンになるのです。

最近では植物を原料としたグルコサミンもありますので、アレルギーの心配のある人はそちらを選ぶようにしてください。


サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。