--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-17(Mon)

サプリメントは安全?

008022.jpg毎日の生活の中でサプリメントは欠かせない、という人が増えています。
健康維持のため、ダイエットのため、美肌を目指して、などサプリメントを摂る目的はそれぞれですが、多くの人が一度は何かしらのサプリメントを飲んだことがあるのではないでしょうか。

サプリメントは普段の食生活ではなかなか必要量が摂れない栄養素を補助するための栄養補助食品であり、薬とは異なります。
しかし食品だから体に負担はなくて安心、と過信してしまうのはいけません。
症状の改善を急いで過剰にサプリメントを摂取したり、既往症との不都合、薬との飲み合わせによっては、体に何か異変が起こったり薬の効果を邪魔してしまうものもあります。
摂取の仕方を間違えると副作用があらわれる可能性もあることをきちんと理解し、自分に合った適量を摂ることが大切です。

サプリメントはたくさん飲めば効果が早くあらわれるものではありません。
安全に、そして効果的に摂取するには、必ず摂取量を守ることです。
飲み方は栄養成分や目的によって異なり、たとえばダイエット目的に食物繊維を摂る場合は食前に摂り、空腹を満たして食べすぎを防ぎます。
逆に亜鉛は吸収が良過ぎるため、食前の空腹時に摂ると気持ちが悪くなることがあります。
食後に飲むのが効果的なのは、脂溶性ビタミンA・D・Eです。
また栄養素同士の組み合わせとしては、ビタミンCとコラーゲンのように一緒に摂ると効果がアップするものや、逆にビタミンEと鉄のように一緒に飲むと効果を邪魔してしまうものもあります。
この組み合わせはサプリメントの飲み合わせだけでなく、普段の献立を考える上でも参考になるでしょう。

スポンサーサイト
2008-11-17(Mon)

サプリメントを選ぶ

009116.jpg数あるサプリメントの中から、自分の目的にあったものを購入しようとするとき、商品そのものの確実な情報が必要となります。
各成分に関しての情報は本やインターネット上でも調べることができますが、実際に使用するときにはその商品に含まれている成分、含有量、価格などが購入の決め手となるでしょう。
サプリメントを選ぶ際には、表示に関して次のようなことに注目してみてください。

●製造者・販売者が明記されているか。
 商品に関する責任の所在をはっきりさせておきましょう。
●原材料はきちんと表示されているか。
●お客様窓口などの問合せ先は明示してあるか。
 商品に関する苦情や相談の窓口があるということは、品質や安全性について責任を持って対応にあたることを意味します。
●栄養成分やその他含有成分の量がきちんと示されているか。
●飲むときに必要となる情報が明記されているか。
 摂取方法や摂取量、注意事項などは、安全に使用するためには不可欠な情報です。
●効能に関しておおげさだったり曖昧な不適切な表現はされていないか。

サプリメントはあくまで食品です。
症状はあるが検査では異常がない、いわゆる未病の段階で使用するもので、薬の代わりにはならないことを忘れてはいけません。
またサプリメントは使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、からだに害が及ぶ可能性もあることも頭に置いておく必要があります。
今からだに感じている不快な症状に、何らかの治療効果を期待するのであれば、サプリメントではなく、医薬品を使用してください。



サイトマップ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。